2007年08月23日

指示書122号の裏

『ニコニコ自作自演祭り』が運営によるID暗号化によって(自演動画の発掘作業が)不完全燃焼となったためか、例の大学生のスレが超伸びてますね。

こんにちわ、シントです。

まあ問題の学生さんはあれです。

  1.犯罪行為を行い、それを自慢
  2.大学・学部・学科を自分で公開
  3.本名公開
  4.内定先企業名公開
  5.過去の日記でそのほかの犯罪行為、反社会的行動を自慢

という自爆用火薬の大盤振る舞いだったので仕方ないわなぁ。
ここまでできると言うのはある意味ですごい事ですよ?



政治系blogの中の人、見当違いの批判をする。
前提条件をクリアしていない批判に価値はあるのかなーと。
「コミケ」マンガよりヲタク・フェスティバル?(Empire of the Sun太陽の帝国さん)

まあ結論から書くと、前提条件をクリアしていない批判なんぞ何の価値も無いと。
蓋を開けたらただ単にオタが嫌いなだけの様でした。

なお、この場合の前提条件とは「批判対象に対する最低限の理解」です。

さて、リンク先では大いにコミケが批判されております。
なお私自身はかなり逝っちゃってるオタなので基本的に柳生氏批判姿勢となりますので、そのへん織り込んで読んでいただけると幸いです。

コミケ批判が真っ当なオタ、つまるところコミケの参加者当人もしくはコミケというイベントにより生活・仕事に影響が出る(要はあの埋立地が職場の人とか、コミケの時だけ激烈になる交通機関で迷惑を被ったとか)方からのモノなら、よほど的外れなものでない限り特に気にはならんのです。それは、あれだけのイベントとなると当然批判されるべき部分や、反対の立場を取る人が現れるからです。むしろそれは健全な事ですので、おいおい準備会が対応していければいいと思います。

今回、ぶっちゃけ記事読んで「うわぁ……」と思ったのは別段オタではないし、同人に興味があるわけでもない政治系blogの管理人が、お客意識でコミケに『参加』し、見当はずれの批判を繰り広げているというすばらしい外しっぷりにあるわけです。政治カテゴリの人気blogにランクインしとるのにねぇ。

blogタイトル直下にはこうあります
>本格的な政治・社会理論のブログを目指していますが、あまり堅苦しくなると退屈でしょうから芸能ニュースや旅行記なども入れて楽しいブログを提供したいと思います。メールはプロフィールページからどうぞ。 反対意見でも誠実な討論は歓迎しますが、誹謗中傷・人格攻撃・感情論はお断りいたします。詳しくはプロフィールページまで。       <管理人:公儀隠密・柳生すばる>
2007年8月

あ、先のオチを言っておきますと誠実な討論を歓迎している割にはコメント欄閉じちゃってますw
荒らしが居たとしても、コメント閉じたらそもそも討論ならんだろうという突っ込みは、当然ながらしてはダメですよ?

本文にのっとった突っ込みはグダグダになるので追記としますが、まずコミケを批判するに当たり必要な前提知識の欠如を指摘いたしますと。

 >この混雑はどうにかならないものか!?

という一行でまったく調べもせず突入してんだなぁ、と解ります。
今年は確かに人が多かったけど、私が前回行った7年前だって似たようなもんでしたよ。ゲロ吐くほど混むのはどこのサイトでも言及されておりますし、カタログにも注意書きあるし、コミケ参加者としては「常識」、前提知識のひとつです。それすら把握してないとなりますとコミケというイベント自体、理解どころか事前に調べることもしていないのではと思えてきます。

 >これを実社会につなげようともしない運営会社にも責任がある。

さらに致命的なのがこの一文でしょう。
この時点で、そもそもコミケがどのように運営されているか理解していないことを暴露しております。


さて、コミケそのものに対する理解の無いまま、会場で見たことを批判されおるわけですが。これがすばらしい程の的外れっぷりを発揮しております。

特に「オタクは閉鎖的」という所にはこだわりがあるようです。あとは良く解らない文化論と、それに紐付けた運営批判がありましたが、なんですかね、アレが文化かといわれたら「日本の二次創作同人誌」は立派にひとつの文化だと思いますけど、そもそもコミケは「オタクがオタクのためにやっているオタクの為のイベント」という面が強いため、オタである参加側から見たら十分開かれているイベントなんですけれども。

「そもそもコミケとはどんなイベントなのか?」
「そのコミケはどのように運営されているのか?」


以上2点についての前提知識が欠落しているため、blog主は大きな、そして致命的な勘違いをしている様に思えます。つまるところ、『最初からオタク向けに開催されているイベント』を、Expo等の『一般的なイベント』と同列に捉えて批判をしているという想定です。

「マンガ・フェスティバルというよりヲタク・フェスティバル」

という一文から思うに、一般的な「マンガ」というモノを想定して参加したのであろうと解る。
「マンガ」の直後に非一般的なイメージをもつ「オタク」を持ってきているため、対比していることは明らか=本屋さんのマンガ本のイメージ一般大衆向けのイベント を想定していると考えられるわけです。

そりゃ、さぞや閉鎖的に見えた事でしょう。
周囲にはまったく意味の解らないものが溢れているのですから。

他の、まったくの一般人が来場することを想定したイベントと異なり、コミケは「同人即売会に参加する」という明確な意識と目的を持った参加者を想定して企画・運営されています。
その前提が無いから、「閉鎖的」という漠然とした批判が出てくるわけです。

非オタがオタ文化の超特濃部分、巡礼とまで言われるイベントに飛び込めば疎外感を感じ、閉鎖的だと思うのは当然です。

野球マニアがサッカーマニアの集団にぽつんと居れば疎外感を感じるでしょう。そういった「一般人であるが故の疎外感」が「閉鎖的」という批判に結びついて居るのでは無いかと、そう推測しています。
その場合、「閉鎖的」という批判が的外れという事になります。
誰だって参加できるものを閉鎖的とはいえません。

まあ推測してるだけなので見当違いかもしれませんが。

大体、『出展側』も企業じゃなくて一般個人なのです。
中にはプロの漫画家とか居ますけど、その人たちにしたってプロの漫画家という「個人」で参加してるんですから、どんだけ開かれたイベントなんだっちゅー事になります。しかも入場制限(基本的に)無し。
意思があるなら参加誰でも自由。
これを開放的と言わんでなんとするのかと。
準備会も意見交換会とか開いてますから、運営側も閉鎖的とはいえませんね。
というかボランティアで運営してるのに閉鎖的でたまるかっちゅう感じですね。スタッフになるの大変ですけど。


非オタである事を理由にオタク世界を「閉鎖的」と批判されるのは、実にどうしようもねぇのです。反論のしようがありません。
自ら異世界に乗り込んできて、生活習慣、価値観などの差を目の当たりにし「ここは私に優しくない世界だ、閉鎖的だ」と言われましても、その世界の住人には何のことやらな訳です。

では非オタにも優しい様に「コミックマーケットは一般化するべきか」と問われたら断じて否です。
そう言うのは他のイベントでやっていただきたい。
というか同人即売会が一般化する程浸透した場合、ブログ主の心配事はまったくの杞憂ですよ。
だってその時は国民総オタク化してますもん、きっと。

と、だらだら書いてきましたが『根本的に認識のズレがあるのではないか』という認識に至る結果、blog主の批判というのがそれ以前の問題でお話にならない、という結論になるわけです。

一言で言うなら「カタログ読んでから出直して来い」ですかね。

いろんな人がコメントされてますけれど。

せめて、もう少し勉強してからコミケ批判をしていただければと思います。



最後に、blog主は結論としてこう結んでおりました。
ヲタクの話に戻る。
政治blogを書く拙者だから特にそう感じるのかも知れないが
若者たちが
厳しい現実に背を向けて・ヲタクの世界に逃げ込むのは
日本の将来にとって明らかにマイナスである。
「世界に開かれた美しい日本文化」
ということを忘れてはならない。

つまりアレですか。要は「オタは閉鎖的でマイナスなやつらだ」という事ですか。

最初にそれだけ書けば解りやすいのに……コミケ出汁にしないで。




しかーし、この結びも炎上してから追記された内容によって実に馬鹿らしいものとなるのです。

「削除警告!」から始まる文章は全体的にどうしようもなく身勝手な、一方的な理屈をこねているわけですが問題はこの文章でしょう。
カルトの信者が多いだけでしょう!?
「あれだけの人が集まってほとんど事故もない」?
北朝鮮や創価学会のマスゲームでも事故など聞いたことがありませんよ!
あれと同じです。カルトの現象の特徴に過ぎない。

わーい、カルト認定されたよ〜 ヽ(゚∀゚)ノ

……中の人はオタクのことをただ嫌いなだけで記事てるんだなぁとひどく納得。結局オタを貶めたいだけなんやね。
追記により一層記事の価値を貶めているのはなんというか、最近こういう自爆は流行なのかなと思いました。

まあ、オタクが一部カルト的である事は否めません。しかしその部分を指摘すると、一定レベルを超えたあらゆる趣味人がカルト的な一面を持って居る筈です。サカオタ、野球狂、鉄、そのほかもろもろ。
人生賭けて趣味をやっている者を外から見れば、それは『趣味』という『信仰』に身を捧げているかの如くでしょうから。


さてさて、長文お付き合いありがとうございました。

最後にひとつ、柳生氏にアドバイスを。
「ヲタク」はオタが自分の痛さを自嘲する場合に主に使用するものなので、非オタがそれを使うとオタを馬鹿にしていると捉えられる事もありますので、「オタク」と書いたほうが良いですよ。
解ってて使ってるんでしょうけど。

どっとはらい。


なお柳生氏のコメントに対して言いたいことは。
清風匝地のなた5963氏のこの記事
に前面同意なので割愛。

清風匝地さんのところでの、本文に対する突っ込みはこちら。
見当違いのヲタク批判

さて、無駄なのはわかっちゃいるがトラバ送るか。(※やっぱり無理でした)



蛇足:以下は超細かい突っ込み。
posted by Sinnto at 17:34 | Comment(7) | TrackBack(0) | 異論反論。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。